悪用されないために

印鑑は悪用されてしまうと大変な事件に巻き込まれてしまう可能性がありますので、特に実印については厳重に管理しておく必要があります。法的な力も強い実印が勝手に使用され、悪用されてしまうと、身に覚えの無い契約を無理やり結ばされたり、借金の連帯保証人にさせられてしまったりと、大金を失うきっかけになり得ます。

注意したいのは、印鑑証明と実印をセットで用意されてしまうことで、印鑑のみを紛失する程度ならばまだ悪用される危険性は低いですが、印鑑証明も一緒に紛失してしまうと危険度はいっきに跳ね上がることになります。というのもどちらか片方だけでは法的な力が宿らないこともありますが、両方が揃ってしまうと身分の証明につながってしまい、これが法的に力を持つことにつながるという理由があります。もちろん身分証明書もセットで悪人に掴まれてしまうと非常に危険ですので、公正証書や身分証明書、印鑑といった貴重品は紛失してしまわないように厳重に保管しておく必要があるのです。

実印は役所にて印鑑登録をして始めて法的な力を持つことになりますので、もしも紛失してしまった際には役所に相談して、印鑑登録の廃止や変更といった手続きを取ることをお勧めします。


選ぶ時のポイントは?

印鑑を選ぶ際には材質と共に使用用途を見ていく必要があります。実印用に使用を考えている印鑑であれば、セキュリティ面についても配慮する必要があるため、ハンコを専門に作っているお店で職人さんに作ってもらった方が良いでしょう。

素材については木材の柘や黒水牛の角、牛角、象牙などが一般的に用いられることになりますが、チタンなどの金属でできている印鑑なども近年では普及し始めています。金属は木材や象牙、牛角などの自然素材と比較して入手しやすく値段も安定しており、また耐久性についても高いため、手軽さと長く使い続けられるのが特徴となります。高級感が欲しい場合には自然素材の印鑑を購入すると良いかもしれません。

次に認印についてですが、こちらはセキュリティ面もそれほど心配はありませんので、品質はそれほど高くなくても問題はありません。しかしながら使用するシーンも多いため、耐久度はそれなりに高いものを選んでいきたいところです。人気が高い素材は柘で、木目の温かみに加えてヒビ割れしにくいのが魅力となっています。それぞれの価格帯についてですが、実印については1万円前後、認印については3千円前後の印鑑が人気を博しています。

参考資料—http://www.inkan-direct.com/
高品質な印材を使用して印鑑・実印を作成している通販サイト「印鑑ダイレクト」


認印はいつ使う?

実印は印鑑登録を行って始めて実印となり、法律上においても非常に強い効力を発揮する印鑑であるのに対して、認印は法律上の力も乏しい印鑑となります。認印は印鑑登録をしていない印鑑を総称しており、使うタイミングとしてはそれほど重要なシーンではなく、事務的な手続きなどに用いられることになるため、実印ほど貴重なものではありません。しいて言うならば、書類などに目を通した印として用いられるのが認印となります。

偽造をされたとしても、そもそも重要なシーンで認印を押すことはありませんのであまり大きな問題になるとは考えられませんが、それでも面倒なことが起きてしまう可能性がありますので、あまりに簡素なものを使用するのではなくある程度の質のものを使用するのが一般的です。認印を押してください、と言われた際には実印を押すのもなんら問題はありませんが、セキュリティ面を考えるのであればしっかりと認印を用意しておいて、両者を使い分けていくと良いでしょう。

実印は限られたケースのみに使用、認印はそれ以外のケース全般に、といった具合に使い分けるためにも、実印と認印をそれぞれ用意して、実印を要求された場合には本当に実印でなければならないのか念を押して聞いておくと安全です