認印はいつ使う?

実印は印鑑登録を行って始めて実印となり、法律上においても非常に強い効力を発揮する印鑑であるのに対して、認印は法律上の力も乏しい印鑑となります。認印は印鑑登録をしていない印鑑を総称しており、使うタイミングとしてはそれほど重要なシーンではなく、事務的な手続きなどに用いられることになるため、実印ほど貴重なものではありません。しいて言うならば、書類などに目を通した印として用いられるのが認印となります。

偽造をされたとしても、そもそも重要なシーンで認印を押すことはありませんのであまり大きな問題になるとは考えられませんが、それでも面倒なことが起きてしまう可能性がありますので、あまりに簡素なものを使用するのではなくある程度の質のものを使用するのが一般的です。認印を押してください、と言われた際には実印を押すのもなんら問題はありませんが、セキュリティ面を考えるのであればしっかりと認印を用意しておいて、両者を使い分けていくと良いでしょう。

実印は限られたケースのみに使用、認印はそれ以外のケース全般に、といった具合に使い分けるためにも、実印と認印をそれぞれ用意して、実印を要求された場合には本当に実印でなければならないのか念を押して聞いておくと安全です